男性が注意することによってクラミジアは防げる

近年では、10代や20代の男女において、性病にかかってしまう方が増えているようです。やはり、その病気に対する意識というものが低くなっているのでしょうか、かかってもすぐに治療せずに放置してしまうことによってまた新たな患者を出してしまっているという事実があるようです。
その中でも、クラミジアという病気は特にこれらの若年層に患者が多い病気であり、この病気に感染すると性器から黄色い膿が出たり、かゆみや排尿痛などの症状を感じることがあります。しかし、中にはまったくこの症状があらわれない方もいるようですので、そうするとなかなか治療に当たるのは難しいかもしれません。
このクラミジアの感染経路は、性行為によるものがほとんどです。そのため、避妊具を利用するなどして直接性器同士が触れ合わないようにすることで、男性側が注意すれば感染をある程度防ぐことも可能です。
もし、このクラミジアに感染してしまったら、マクロライド系の抗生物質を投与することで治療をすることができます。代表的な薬は、ジスロマックなどであり、このジスロマックを1週間程度服用するだけでたいていの場合は完治させることができます。ジスロマックはそのほかにもマイコプラズマなどにも有効な治療薬であり、抗ウイルス剤でありながら比較的副作用が少ない薬のため、ある程度安心して投薬を行うことができるという点も大きな利点です。
ジスロマックは、個人輸入などでも購入することができる薬ですが、できれば服用に当たっては医師の診断を受けてから行ってください。適用量や治療期間など、素人の判断では難しいこともたくさんありますので、必ず自己判断ではおこなわないように心がけましょう。