パートナーのためにもコンドーム

性行為によって、実はさまざまな病気が感染する恐れがあるということをご存知でしょうか。特に、最近では20代、10代といった若年層の方々の性病の件数が増えています。これらの病気は、粘膜などがふれあうことによってそこから感染するケースがほとんどですので、きちんとパートナーのためにもコンドームを使用して、極力感染のリスクを減らすことが大事です。自分で病気にかかっているという自覚症状がない場合でも、実はその症状が表にあらわれていないだけで感染してしまっているというケースもあり得ます。クラミジアなどの性病に関しては、人によっては症状が全くあらわれないこともあるようです。そのため、感染を予防するためには避妊具を利用してその感染経路を絶つということが肝心なのです。
クラミジアにもしかかってしまったことが判明したのであれば、薬の服用によって比較的短時間で完治させることが可能です。クラミジアにはマクロライド系の抗生物質が有効であり、その治療薬の代表的なものが、ジスロマックです。ジスロマックは、ジェネリック医薬品であるアジーなども存在しますので、もしジェネリック医薬品を希望する場合は、医師に相談のうえこちらを処方してもらいましょう。
ジスロマックは、その服用によっておおよそ1週間程度でクラミジアを完治させることができます。服用方法は、毎日少量を服用する方法や、一度服用することで1週間の効き目があるものも開発されていますので、そちらを飲めば1度の投薬で治療をすることができます。いずれにせよ、これらの病気は早期に完治させないとパートナーに感染させてしまう恐れもある病気ですので、きちんと対応して完治させるようにしましょう。