ジスロマックは鼻炎や扁桃炎の治療にも使われる

ジスロマックは非常に画期的な抗生物質のひとつであり、あらゆる病気の治療に使用されることが多い薬です。
性病治療薬としても用いられることが多いため、性病に感染をしてしまったことがある人にとっては性病治療薬という認識を持っている人もいるのではないでしょうか。
確かにジスロマックは性病治療の際に多く処方されることが多いので、性病治療のための薬だと思っている人もいるのですが、その効用に関しては非常に幅広いのであらゆる場面で処方をされるものとなっています。

ジスロマックは細菌によって引き起こされる病気に効果のあるものとなっているので、鼻炎であったり扁桃炎にも使用されることは少なくありません。
細菌によって鼻の中が炎症を起こしている場合には、その最近を除菌することができれば鼻炎が解消されるということになりますから効果の幅が広いジスロマックが選ばれることがあります。
扁桃炎も同様に扁桃炎の原因が細菌感染によるものであれば、その治療には除菌が効果的となってきますから殺菌力の強いジスロマックを処方されるということになります。

このジスロマックの利点として一度飲めばそれで治療は完了するものであり、効果が一定期間持続するので毎日薬を飲むといった必要がありません。
薬を毎日飲む必要がなければ、飲み忘れてしまうこともないので耐性菌が発生するということもなく、しっかりと病気を治療することができるのです。
抗生物質は途中で服用をやめてしまったり飲み忘れてしまうと、耐性菌が生まれてしまい逆に病気が治りにくくなってしまうのですが、ジスロマックに関してはこのような心配をする必要が無いので、耐性菌が生まれにくい薬となっているのです。