咽頭クラミジア感染にはジスロマックを使おう

世の中にはさまざまな病気があり、そしてそれを治すためにさまざまな薬が開発されています。かかった場合にもなかなか人に話すことができない病気の一つに、性器の病気、つまり性病があります。その原因は一概には言えませんが、性行為を行った際に感染するものですので、なかなかその病気のことを他人に話すことははばかられることも多く、人知れず悩んでいることも多いのではないでしょうか。
その性病の中でも件数が多いものとして、クラジミアがあります。この病気は、性器から黄色い透明な膿のようなものが出て、排尿痛やかゆみなどが出る病気です。この病気にかかったまま別の方と性行為を行うと、それを原因として他人に感染することも多い病気です。
この病気の治療には、マクロライド系の抗生物質が有効です。そのため、この病気の治療に当たってはマクロライド系のジスロマックという抗生物質が使われるケースが多く、これを服用することによって1週間程度で完治することが通常です。また、ジスロマックの中でも、1週間飲み続けるものや1度飲めば1週間有効なものもありますので、医師の判断に従ってその服用方法は間違えないように服用しましょう。
ジスロマックは抗生物質としてメジャーなものですので、そのほかにもウイルス性の、マイコプラズマなどの治療にも使われることがあります。抗ウイルス剤ですので、服用時にはアルコールなどは控え、規則正しい生活を送って早期に治癒することができるように心がけてください。
クラミジアはジスロマックの服用でじきに治る病気ですので、かかってもあせらずにきちんと医師の診断を受けて、ジスロマックの服用によって早めに完治させてしまいましょう。